Home   About the Survey    General Summary (English)    About the Survey

Overview

Charts and Tables

The Japan Foundation Japanese Studies Survey 2007
In spring 2007, the Japan Foundation London carried out a survey of Japanese Studies at University level in the UK. This was not just to be a follow-up to the 2001-2 survey* conducted by the Daiwa
Anglo-Japanese Foundation and the Japan Foundation, this survey targeted those universities which were carrying out Japanese Studies and Japan related research (or had ceased to since 2002), regardless of whether or not they offered Japanese language education as well. The survey was sent to 54 universities offering either Japanese Studies or Japanese language education.

To read the General Summary of the results, please click here.

The results of the survey have shown the following general trends:
  • The growth of Japanese Studies (as part of East Asian studies or otherwise) at a Postgraduate level is notable, with a number of new MA and Mphil courses offered at universities such as Birkbeck and Bristol.
  • In a number of cases, Japanese Studies courses and resources have been consolidated (under the heading of East Asian Studies) to a number of key centres with increased research and funding capability within universities throughout the country.
  • Japanese language continues to enjoy popularity among students.
  • Where institutions have decided to stop Japanese Studies as part of a degree, some continue to offer Japanese language provision as part of non-credit or 'Institution Wide Language Programmes'.
The survey was conducted in order to provide an up-to-date resource for professionals in Japanese Studies to be able to easily identify and share knowledge about research and teaching in the field. It is also hoped that through this survey, greater awareness and attention to Japanese Studies in higher education in the UK will be achieved.

The Japan Foundation hopes that the results of this survey will provide a valuable resource and brings attention to the national and institutional importance of the field.

We would like to sincerely thank all the universities that participated, The Daiwa Anglo-Japanese Foundation and Dr Naofumi Nakamura (Institute of Social Science, University of Tokyo) and Hiroshi Shimizu (London School of Economics and Political Science) who compiled the analysis of the results.

The Japan Foundation London
January 2008

* The results of the 2001-2 Survey is compiled into a comprehensive book entitled Japanese Degree Courses 2001-2.Please contact the Japan Foundation London if you would like a copy of Japanese Degree Courses 2001-2.
「2006-2007年 英国日本研究機関調査」について
 2007年春、国際交流基金ロンドン事務所は、英国の高等教育機関における日本研究の状況を調べる「英国日本研究機関調査」を実施しました。これは2001/2002年に大和日英基金と国際交流基金が共同で実施した調査(※)のフォローアップの意味があるだけでなく、当時は日本語教育の有無が調査対象の選定基準であったところを、今回は日本研究を提供している(または2002年以降に日本研究を中止した)大学すべてを対象としました。その結果54校の大学に対し調査への協力を依頼して、調査票を送付しました。

 より詳しい分析はこちらのとおりですが、今回の調査を通じて、英国の日本研究には次の傾向があるということを実感しました。
  • 日本研究を提供する大学の数は若干減少したが、全体としてはむしろ拡張の動きのほうが大きく、とりわけ大学院レベルでは修士課程が複数の大学で新設されるなど、伸びを見せている。
  • 日本研究を東アジア研究の一部として位置づけることで、研究リソースや助成金を増やす工夫をしている大学が多い。
  • 日本語は、学生にとって常に人気の科目である。
  • 日本研究の学位取得コースは中止しても、自由選択科目や大学全体の語学プログラムの一環として日本語を残した大学は多い。
 前回の調査から5年以上が経過しましたが、この間に英国の日本研究の様相は大きく変わってきました。そうした変化の過程や、その後の状況を把握するためにも、調査情報の更新が必要であると判断し、今回の調査に取り組んで参りました。
 各大学の日本研究に関する新しい情報を集めて公表することで、日本研究関係者間の知識や経験の共有をいっそう促すことにつながれば幸いです。またこの調査結果が、英国の高等教育レベルにおける日本研究の状況に対する理解を促進する一助となることを期待しています。
 最後になりましたが、協力して下さった各大学の関係者、大和日英基金、また調査結果の分析をレポートとしてまとめて下さった中村尚史氏(東京大学社会科学研究所)及び清水洋氏(アイントホーヘン工科大学、執筆当時はLSEに在籍)に、深くお礼を申し上げます。

2008年1月
国際交流基金ロンドン事務所

※2001/2002年の調査報告は「Japanese Degree Courses 2001-2002」と題する冊子にまとまっています。入手をご希望の方は国際交流基金ロンドン事務所までご連絡ください。